自動運転で運転免許証要らず?

自動車の自動運転が完全実現化すれば、運転免許証取得はどうなってしまうのでしょうか。

いま、そちらの方に関心を持っている方々も多くいらっしゃることでしょう。

自動車の自動運転の運転免許証

完全自動運転が実現すれば、一体運転免許証取得についてはどう変わるのでしょうか。

2017年3月、カリフォルニア州車両管理局は、自動運転車に対しての世界ではじめての規制案を公表したと言います。

この発表によれば、自動運転を走行するためには、 自動運転車運転免許証の免許取得をしたドライバーが乗車していることが「義務」ということです。

自動車の自動運転が完全に実現しても、 システム障害といった事態は緊急時に起きる可能性はあり、その時のため、ドライバーが待機しなければならないということです。

運転免許証は必要

ハンドルやブレーキの装備は、完全自動運転が実現しても、依然求められていることになります。

カリフォルニア州のルールは、 法整備で先行し、 「世界標準」となり進行していく可能性は充分高いと考えることができます。

少子高齢化の問題をクリア

しかし完全自動運転は、私達にメリットのあるカタチで進行していただきたいものです。自動車の自動運転が実現するものの、運転免許証取得が、今までと同じ難しさを持っているのなら、少子高齢化の時代が来ようとしている渦中決して優しい時代とは言うことができません。

もっと自動車の自動運転が実現したからには、運転することができない弱者の人たちにも優しい、しっかりニーズに応えてくれる運転免許証取得のルールが必要になるのではないでしょうか。

自動車の自動運転は実現する?

実際には自動車の自動運転にはレベルがあります。 レベル2の自動運転までの車は、既に日本でも販売されていますが。

自動運転レベル2は、 アクセル・ハンドル・ブレーキのうち複数の操作をシステムが自動で行う自動車のことを言います。

いろいろなことを自動運転がしてくれるというものの、ここには、まだまだドライバーのニーズが存在しています。

果たして、自動運転レベル4は実現することができるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です