自動運転はそろそろ実現?

私達はそろそろ自動運転の技術が具体的になる頃を期待しているのかもしれません。

自動運転が実現すれば、いろいろなメリットに遭遇することができるでしょう。

安全性の向上

自動運転の技術は、まさに、自動車の安全神話を作りあげるための手段です。自動車メーカーは、自動運転の技術によって、「事故0」「死亡事故0」を目指しているのです。

本当に自動運転がそれを実現してくれたらすごいことですよね。まさにノーベル賞ものの技術革新と言っていいのではないでしょうか。

しかし、本当に完全自動運転は実現するのでしょうか。

私達が求めているのは、自動運転ではなく、最終的目的の完全自動運転です。

弱者の移動手段確保

自動運転の技術によって、弱者の移動手段確保することができるメリットも出てきます。

障害者やら、高齢者、買い物難民と言った人たちも、完全自動運転の実現によってどんなに救われた!と思うことでしょう。

完全自動運転の実現によって作られるのは、まさに、【人間に優しい自動車社会】なのです。

カーシェアリングの進化

更に自動運転のメリットについて考えてみましょう。

自動運転が成立したら、自動車は、敢えて個人で所有するものではないという考えにシフトしていく可能性があります。

自動車の維持費がかからないカーシェアリングは正しいと言えば正しいです。そして、自動運転から、また新しいコミュニケーションが作られるかもしれないですよね。

でも、そうなれば、こんな格好いい自動車が欲しいという欲求も段々と低下する事態となり、本当に自動車というものは、移動手段のための道具に成り下がってしまうかもしれません。

また、いままでの自動車は、自動車をいちいち取りに行ったり、戻したりすることに不便さを感じたりすることがありましたが、完全自動運転が実現することで、カーシェアリングが促進、自分自身が現在いる場所まで、自動車を呼び出すことができ、好きなとき、好きな使い方が出来てしまうのです。

と言えば、非常に自動運転は便利という感じはありますが、それほどタクシーと変わらないのではないかという意見も聞こえて来ますよね。

確かに、タクシーとは、自分で運転しないで、どこへでも移動することができるとても都合のいい手段なのです。

また、完全自動運転が実現することで、渋滞の緩和に貢献することができるメリットが大きいと言います。渋滞は、速度低下やブレーキ操作で起こることが一因だからです。

しかし、完全自動運転で、本当に渋滞の緩和は出来てしまうのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です