合宿免許に行く前にチェック

合宿免許で運転免許取得して、やっぱりみなさんが目指しているものは安全運転でしょう。

しかし、安全運転を目指していたとしても、交通事故の被害にあってしまうかもしれません。

あなたは、合宿免許で運転免許取得したあと、もしも交通事故に遭ってしまったら……ということもしっかり考えておく必要があります。

交通事故はクルマに乗っている以上決して人ごとではありません

ムーチョで合宿免許に行こう

交通事故を起こしてしまった……

合宿免許で運転免許取得して、何が一番恐怖なのかと言えば、交通事故です。どのような人たちでも交通事故のリスクはゼロではありません。

突然のアクシデントに見舞われてしまう可能性は確実に存在しているという意識を持って危機管理をすることも大事です。

また交通事故を起こしてしまった人たちには、しなければならない義務も存在しています。そのことについては道路交通法第72条で決められています。

しっかり確認しておきましょう。

あなたがしなければならない義務

まず、あなたがしなければならないのは、運転停止義務です。交通事故をあなたが起こしてしまった場合、一度クルマは停車、 死傷者のありなしを確認しましょう。

そして、次には、衝突物や車の破損状況のチェックです。

次にあなたがしなければならない義務は、救護措置です。

交通事故によって、負傷している人たちがいる可能性があります。そのようなとき、救護にしっかり努めなければならない義務です。

もちろんひき逃げという行為は、 救護義務違反であなたは処罰されることになります。

危険防止措置義務など

次にあなたがしなければならないのは、危険防止措置義務です。

次に起きてしまう事故防止のためにクルマは、速やかに安全な所に移動させる必要があります。交通事故の現場はとにかく混乱しているケースが多く、それを最小限に留める必要があります。

場合によって誘導も必要なこともあります。

また、現場からは離れないで、警察の人たちが来るまで、 路肩など通行の邪魔にはならない場所で待機というカタチを取ります。

警察への事故報告義務

そして交通事故を起こした人たちには、警察への事故報告義務があります。

交通事故があれば、即110番!に電話です。

負傷者の救護が必要なときは、それもこなさなければならないため、通行者などに警察の連絡をお願いするというのも方法としていいでしょう。

警察には、 交通事故が発生した日時、場所、死傷者の数&負傷者の傷の状態、そして、破損したもの、破損の程度、また事故に関わる車両の積載物、あなたがとった対応措置について的確に連絡をします。